スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーミィな★リゾットカルボナーラ 

リゾットカルボナーラ


カルボナーラの味付けで、リゾットを作りました。

ベーコン、卵、パルメザンチーズの旨みががしっとりと溶け込んだクリーミーでコクのある味のリゾットですが、意外とあっさり、くどくありません。使い残した卵白でスープを作りましたので、そちらも参考になさってください。

【簡単トマトのさっぱりスープ】
【レシピ】

【材料】2人分

 米…1合
 ベーコン/パンチェッタ…80g
 全卵…1個
 卵黄…2個
 玉ねぎ…1/2
*スープストック(水600cc+コンソメキューブ1個)
 白ワイン(酒)…大さじ3
 バター…大さじ3
 オリーブ油/サラダ油…小さじ1
 パルメザンチーズ…大さじ5-6
 塩・胡椒…適量

*これはイタリアのリゾットライスを使った場合のストックの量です。米の種類によって水分の必要量が違ってくるので、日本のお米を使った場合、ストックは残るかもしれません。


【作り方】

 1.ベーコン/パンチェッタは1cm幅に切り、玉ねぎはみじん切りにする。

 2.鍋に油を入れてベーコンを焦がさないように油が充分出るまでしっかり炒まったら取り出す。

 3.2の鍋にバターを入れて玉ねぎを焦がさないように、透き通るまで炒めたら、洗わない米を入れて炒め、全体に油が回り、透明感が出てきたら、ワインを加えて、アルコール分を飛ばす。

 4.3に暖めたストックを材料がかぶるくらい入れて、中弱火で煮る。

 5.ストックを足しながら、時々かき混ぜ、全体がクリーミィになるまで(米が外側が柔らかく、中心に幾分芯が残るくらいまでがよい)煮て、火から下ろす。

 6.5のリゾットに溶いた全卵を一度に加え、手早く全体を混ぜ合わせる。

 7.6に卵黄2個、パルメザンチーズ、3のベーコンを加えて混ぜ合わせて、器に盛り付ける。

 8.荒引き胡椒をかけ、好みでさらにパルメザンチーズをかけてすぐに食べる。


【メモ】

 ■心配な方は、卵を加える前にリゾットを一度別の容器に移すと、卵が固まるのを防げます。

 ■コッテリした味がお好みの方は、卵の量を、全卵1個+卵黄2個から、卵黄2個+生クリーム50-100cc、又は卵黄4個を使ってみてください。

 ■写真はイタリアのリゾットライス、アボリオライスを使いました。日本のお米より、クリーミーで、それでいてしっかりした味わいのリゾットが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milliam1.blog49.fc2.com/tb.php/26-eac1d905

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。