スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパゲティカルボナーラローマ風 

スパゲティカルボナーラ


生クリームを使わず、卵、パンチェッタ、チーズで作るローマ風カルボナーラです。

【関連記事はをクリックしてね】
【レシピ】

【材料】2人分

 スパゲティ…160g
 全卵…2個
 卵黄…2個
 パンチェッタ…80-100g
 パルミジャーノ・レッジャーノ(おろしたもの)…20g
 ペコリーノ・ロマーノ(おろしたもの)…20g
  (チーズはどちらか1種類でも可)
 ニンニク…1片(好みで) 

 白ワイン…大さじ2
 粗引き黒胡椒…適量
 オリーブ油…適量
 塩…適量

【作り方】

 1.舐めてみて、多少塩分を感じるくらいの塩を入れたたっぷりの熱湯でパスタを茹でる。パンチェッタは5mm幅に切る。ニンニクは皮をむいて、包丁の背で軽く潰す。

 2.ボールに卵を入れ、パルミジャーノ・レッジャーノ、ペコリーノ・ロマーノ、黒胡椒を加えてよく混ぜる。

 3.鍋にオリーブ油、ニンニクを入れて弱火にかけ、パンチェッタを脂が充分出てカリカリになるまで炒める。ニンニクは取り出す。

 4.3に、ワインとパスタの茹で汁を50ccくらい加え、フライパンをゆすってパンチェッタの脂と茹で汁が白っぽくなるまで混ぜ合わせたら(乳化させる)、鍋を火から下ろす。

 5.茹で上がったパスタを4の鍋に加えて合わせたら、2のソースを加えて全体にからめる。 

 6.5の鍋を弱火にかけて、手早く混ぜて卵がややとろりとクリーム状になり始めたら、すぐに火から下ろす(ねっとりさせてしまってから火から下ろすと、余熱で卵が固まって炒り卵状になるので注意する)。

 7.器に盛り付けて、挽きたての黒胡椒、好みでパルメジャーノ・レッジャーノをかけて、すぐ食べる。

【メモ】

 ■5の過程で、パスタを入れた鍋が熱すぎるような場合は、1度濡れぶきんなどで鍋底を軽く冷やすか、ソースのボールにパスタを加えて混ぜ、鍋に再び戻した方が失敗しにくいです。
 

スポンサーサイト

コメント

以前イタリアに住んでいた旦那は、カルボナーラに生クリームなんて御法度!!だと言ってて、タマゴのみでのカルボナーラに感動した記憶があります。

だってワタシも生クリームはあんまり得意じゃないので。。。コレなら美味しくいただけました。

ほんとーはこれこそがカルボナーラなんですねー。

でも難しいそう;

iさん”(´▽`)ノ”

生クリーム入りのカルボナーラって、卵だけのものと随分味が違いますよね。
美味しい卵と、おろしたてのチーズで作るカルボナーラは最高です(^^)
旦那様はイタリアにお住まいだったんですね。それじゃ、よくあるカルボナーラには満足できませんね(^^;

でも・・・、クリーム入りの方が作るのが簡単なのは確かです(^^;

はじめまして。
カルボナーラに生クリームって入れないんですね。美味しそう。日本では牛乳混ぜちゃうレシピもありますよ。イギリスの友人は逆に卵入れずに生クリームとパルメザン混ぜてカルボナーラ作って(カルボナーラじゃないですね、卵無しじゃ)て、結構イケました。

Meiさん”(´▽`)ノ”

Meiさん、いらっしゃいませ(^^)
ウィンブルドンにお住まいなんですね。ご近所(日本から比べて)ですね(*^^*)

カルボナーラ、まあ、イタリアの人は色々言うかもしれませんが、美味しければクリーム入りでも牛乳入りでも、卵無し(?)でもいいんですよね(;^_^A

ロンドンに住む日本人の友人の一人も、卵無しでクレーム・フレシュ、パルメザンチーズだけで『カルボナーラ』を作るそうです(^^)

Meiさんはどのようなカルボナーラがお好きですか?

いらしてくださってありがとうございます(*^^*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milliam1.blog49.fc2.com/tb.php/263-7e0b6195

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。